睡眠時に歯ぎしりをしていませんか

睡眠時に歯ぎしりをしている方へ

  • 血圧が不安定になっていませんか
  • 温度差に過敏で、頭痛などを起こしやすくなっていませんか
  • 頭痛をよく起こしていませんか
  • 逆流性胃腸炎を起こしていませんか
  • 朝起きた時、腰が痛くなっていませんか
  • 朝起きた時、声が出にくいと感じることがありませんか
  • 眼が覚めた時、首や肩が張っていませんか
  • 寝ても、寝た気がしない。疲れが取れない。昼間眠くて、夜眠れなくなっていませんか
  • 太陽の光がまぶしく感じ、サングラスが手放せなくなっていませんか
  • 手足の皮膚感覚異常(かゆみ、ざわざわ感)を感じていませんか
  • 下半身太りやむくみが強くなっていませんか
  • 喉がつかえて、呼吸がしにくかったり、空咳が出ていませんか
  • 足が冷えていませんか
  • 痔になりやすくなっていませんか
  • 細かいものを見ていると、体が揺れるように感じていませんか

本来は全身の力を抜いて、リラックスする睡眠時に歯に力を入れ、「歯ぎしり」は起こります。
歯ぎしりする時、歯に加わる力は相当に強いのをご存じですか。
歯ぎしりは、歯だけでなく、全身に強いダメージが加わります。「歯ぎしり」は、見過ごすことのできない重要な問題です。なぜ、歯に力を入れて眠るのか・・・その原因を探りましょう。歯ぎしりをしている方は、上記の症状がひどくなる前に、当センターにご相談下さい。

お気軽にご相談下さい。
TEL:042-526-0461
電話受付:月~土 9:00~19:20/木 9:00~11:50
メールでのご相談
TOPICS
本日の診療時間
9:30~12:00/14:00~19:30
お電話でご予約下さい。

ご予約の方を優先させて頂きます。
直前のご予約もお気軽にご連絡ください。

TEL:042-526-0461
4の休診日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
休診日・おからだ相談会
来月休診のご案内
アクセス/提携駐車場のご案内